Flash_Out_Poland

7月 26

k-nakama:

阿佐ヶ谷住宅…。

昭和33年(1958年)にできた、
日本住宅公団による団地です…。

赤い三角屋根の低層住宅棟は、
数多くの名作を残している、
前川國男の設計によるテラスハウスとして、
よく知られています…。

テラスハウスというのは、
本場のヨーロッパとは、
若干意味が違うようですが、
境の壁を共有して、連続している、
いわゆる、
長屋のような形式の集合住宅です…。

広々とゆとりある敷地に、
シンプルで美しい建物、
微妙なカーブを描いた街路等の絶妙な配置、
そして、あふれる緑…。

三浦展 編著『奇跡の団地 阿佐ヶ谷住宅』
という本でも知られています…。

その阿佐ヶ谷住宅…。
最近、取り壊しが始まり
今では、多分、もう、
なくなってしまっています…。

観に行った時には、
確かに、
かなり老朽化しているように思えましたし、
今の感覚からだと、狭い上に、
使い勝手のよくない部分も、
多いのかもしれないなあ、
と思いました…。

ただ、それにしても、
名作と言われたような建築が、
できてから、わずか50年で…。

日本人の生活スタイルが、
それほど急激に変わった、
ということなのかもしれません…。

日本では、住宅の寿命が極端に短く、
欧米のように、
もっと長持ちする住宅・建築を目指すべきだ、
というようなことを、
語られることが多くなっているように思います…。

しかしながら、
今のように、
使い勝手や便利さのみを基準にして、
建築を評価している限り、
長持ちさせるなどということは、
無理なのではないだろうか、
なんてことも思ってしまうのでした…。

http://knakama.seesaa.net/article/388077066.html

(yamanakaから)


7月 25

7at1stroke:

【相談】こういう本出したいんですけど(小声) (参考:
問題はSFマニアと艦これおじさんという二重苦を患った重症患者が今のコミケにどれだけいるか…

(megane4141から)


“しかし、クリストファー・ホダップによると、「高齢団員による絶望的なグループ」、「請求書の支払いやまずい食事、誰がユニフォームにアイロンをかけるか、といったことに関する長時間の会議」などを目の当たりにして、新人の多くは2度と姿を見せなかった。” フリーメイソン - Wikipedia (via extramegane)

(otsuneから)


7月 24
“以前、乗客がうんこを漏らしたことによって、列車ダイヤが大幅に乱れるという事件があり、若いカップルがそれについて話していたのだが、チャラチャラした男の子の口から、予想された嘲笑ではなく、「…明日は我が身だよ」との言葉が漏れた時、これが、想像以上に身近で深刻な問題であることを感じた。” Twitter / ポールモンキー (via deli-hell-me)

(megane4141から)



(hkdmzから)


7月 23
“マジ理解できないし許せない
どんな育ち方したら人のおりがみの金色を勝手に使うんだよ”
【悲報】 おりがみの金色を友達が勝手に使っててケンカになった - アルファルファモザイク (via darylfranz)

(zaki123から)


yamanaka:

油壺カワウソが桶に入っているだけ動画



yamanaka:

油壺カワウソ餌あげ握手イベント


7月 22


7月 21

(megane4141から)


ページ 1 / 495